依存は多いほうが良い

わたしがモラハラを受けていた当時は、今よりもモラハラを解決してくれるカウンセラーはとっても少なかったし、その数少ない貴重な方たちも私には合いませんでした。

それでも、とにかく何とかしたくてたくさん読書して、夫婦関連の色々なカウンセリングやコーチング、人間関係のコミュニケーションのセミナーとか自己啓発系も受けたし、果てはアフェリエイトまで、とにかく思いついたのは全てを受けてみて、たったひとりで自分に合うものを探していました。

「ここはいいよね」「これだと出来そう」と思っても初めはうまく行かなったんですよね。その時期が本当につらくて、カウンセリング自体に不信感さえ抱いてしまっていました。

なかなか前に進めなかった原因は、「私はおかしくない」「おかしいのは夫だけです!」って主張だったから

わたしが必死に探してたのをタイトルにすると

「夫の頭がおかしいのを直してくれるセミナー」

「モラ夫を更生させるセミナー」

そんなセミナーがあれば受けたいと思うけどねw

あの時に、諦めないで、必死に色々読み漁って、色々行動してみたのは決して、無駄ではなかったと思いますが、みなさんにはスムーズに進んで欲しいのが私の気持ちです。

孤独にひとりで耐えていた時期があったから、今こうしてこんな活動に繋がってはいるけれど、依存先はたくさん作るほうがいいですよ。

私の場合、結婚して実家と離れて夫しかいる理由のない町に住みました。今はそこそこ好きな場所ですけど、当時は嫌で仕方なかったんですよね。

今、あなたは孤独になっていませんか?

モラハラで多いのが、周りとの関係を遮断するケースです。はじめは無理にされて嫌だったけれど、モラハラが長くなると自ら関係を遮断してしまいがちです。

そうなってしまうと、更に深い沼にハマっていくので、どんなコミュニティーでもいいから繋がっておいて欲しいです。出来ればモラ夫の監視がない場所がいいです。

ひとつがうまく行かなくても、次に移動すればいい。

パリピみたいに騒ぎたければコレ。おしゃれなカフェランチ行くのはコレ。

その位の軽い気持ちで、自分に都合の良いように人付き合いしてしまいましょう。

出来ればそのくらい軽い気持ちで、私に連絡してきてくださいねw

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

性別

男性女性

都道府県

お問い合わせ内容 (必須)

※返信は必ずしますが、お時間が少々かかる場合がございます。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください