被害者の場合はこちら

心理学とコミュニケーション技法を学び、心身の回復と自己理解を深めてトラブルを根底から防ぐ「問題解決」に特化した講座です

加害者の場合はこちら

心理学とコミュニケーション技法を学び、感情をコントロールして「パワーコントロールを自ら辞める」ことに特化した講座です

夫婦で受講の場合はこちら

心理学とコミュニケーション技法を家族やパートナーとともに学び、「問題解決」と「相互理解」に特化した講座です

コミュニケーションで全ては変えられる

周りとの調和ばかり考えて自分を大切に出来なかった私
自分優先で周りとのトラブルばかりで孤独と戦っていた夫

夫婦間で起こっていたモラハラという問題は見えている一部にしか過ぎませんでした。夫のADHDとASD傾向による発言や行動、私自身の嫌われる事への異常な恐怖心…その全てが自分自身の問題であり、また人生においていつかは向き合わなければいけなかった課題だったのです。 私たち夫婦がモラルハラスメントを乗り越える事が出来たのは、自身としっかり向き合って、自分との関わり方を変えて、お互いのコミュニケーションを変えることが出来たからです。

モラハラ解決相談所としての活動

モラハラで悩んでいた当時は、復縁して解決出来るという方はほぼいませんでした。今でも多くの場合、離婚と別居を勧めるのがセオリーです。そして、モラルハラスメントをする人間は自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)なので治らないと言われています。
私達のような人がいるかはわからないけれど、探している人がいるかも知れないなら、とにかくやってみようと モラハラ解決専門カウンセリング Re:gene(リジェネ)が始まりました。
それから、たくさん方からお問い合わせがあり、問題と対面していく中でモラルハラスメントというものは、加害者本人が持ち合わせている劣等感や認識の歪みが原因でありますが、ジェンダー観や年功序列その他の「今まで良いとされている価値観」がアップデートされず増幅されている面もあると気付きました。
また、個人のポテンシャルによって問題を理解する解像度が低い場合は時間と労力がかかりすぎて、被害者の人生を無視しているのではないかと思うようになりました。
まさにコミュニケーションだけでは不十分であり、従来のカウンセリング技法だけでも不十分であると確信した瞬間でした。そこから「モラハラを解決するだけでなく相談する場所でありたい」という想いが強くなり、モラハラ解決相談所Re:gene(リジェネ)として名前を変えました。
また、カウンセラーという肩書きを自称するのをやめ、一緒に悩んで考える相談員としてカウンセリングマインドや守秘義務等はしっかりと継承したまま活動指針を変更しました。
常に我々も自問してアップデートを繰り返して、自分と大切な人が幸せになるためにはどうすればいいのかを離婚・再構築・週末婚等さまざまな形式に捉われないご提案をしています。

心理学を日常から溢れるものにしたい

モラハラ解決相談所としての活動以外では、育児としつけについてのセミナー・家族問題についての講演会・企業へのハラスメント研修・後継者育成・ネットラジオ・ライブ配信・ランチ会・お酒を飲みながら語るイベントなど多岐にわたる活動を展開しています。今後も、枠にとらわれない活動を我々が楽しんでする事で、心理学を日常に組み込む素晴らしさを皆さんに知っていただきたいと思っています。

Re:gene(リジェネ)の名前はゆるやかに変化・再生するという想いを乗せています。クライアントの変化と再生する姿を見て、自身を成長させる人になっていただきたいです。
自分のちからで問題を解決し、自身と周りの大切な人を守れるようになるまでお手伝いさせて下さい。

パートナーとの受講をお考えの方
まず個別のプログラムを受講後に家族相談を受講されることをおすすめします。

初回相談(1時間)は無料(完全予約制)
公式LINEからお問合せください!!!!

公式LINE

お問い合わせは公式LINEがおすすめ!


友達登録をして、コメントをください。
営業時間 平日10時から22時(土日祝 定休日)
質問やお悩みなどもお気軽に連絡してください。
公式LINEに登録頂けると、無料相談1時間(完全予約制)!


お問い合わせ

    お名前 (必須)

    ふりがな (必須)

    メールアドレス (必須)

    性別

    男性女性

    都道府県

    お問い合わせ内容 (必須)

    ※返信は必ずしますが、お時間が少々かかる場合がございます。ご了承ください。

    (C)モラハラ解決相談所 Re:gene(リジェネ)

    MENU
    PAGE TOP