夫のADHD特性について

最近、Twitter内で、ADHD等の発達障害をカムアウトする方が多くて、自身の生きづらさや葛藤の発信を見ていると、色々と思い返されてきまして、フツフツと湧いてきたんですよ。

みなさんのご夫婦のカタチには、もしかしたら当てはまりにくいのかな?そう思って除外してきた事ですが、うちの夫はADHDとASD傾向が強いので、ADHDの特性をもつ人と結婚した嫁の話を少しだけ聞いてください(´・ω・`)

まぁ、だから何?って感じでしょうがw

私たち夫婦にとっては、モラハラを乗り越えた経験と夫のADHDを2人で認めた事は同じ時期に通過した成功体験なんです

もしかしたら、今まで避けてきた話題も、私たちのようにパートナーの関係だけでなくお子さんがADHDを抱えている人にとっても、当事者の方にとっても、何かの役に立って誰かの勇気になるのかななんて思って書かせていただきたいなと思いました。

夫のADHDについて

彼自身は「生きづらさ」を感じて、自分自身がADHDであるという事に、かなり前から気付いていました。

私にも「きっとそうだと思う」と言っていましたが、私は「そんな事ないんちゃう~?」と軽く流してキチンと受入れていませんでした。

「ちょっとコミュ障なだけ。ちょっと人見知りなだけ」

そう本当に軽く思っていたので、彼が苦手なコミュニケーションをしていないから出来ないだけ、慣れてないから出来ないだけと色んな場所に連れて行っては彼の行動や言動で、周りの人が困惑するのをとても恥ずかしいと感じていました。

今考えると残酷な妻ですねw

空気を読めなかったり、不用意な発言で周りを困惑させたり、単純なミスを繰り返したり、忘れ物や片付けが出来なかったり、時間の管理が出来なかったり、決めた通りにならないとフリーズするとか・・・

ADHDの特徴って、みんな経験あるような事で、そんなん誰にでもある事やし、努力すれば乗り越えれることやんかと思いつつ

「そなんやー、大変やね」「そこまでやないんちゃう~」とか軽く受入れるフリをしていました。

ほんとは「甘えんなよ」と一切認めてなかったのに、当事者の方には悪いですがかなり向き合った結果としても、私はそんな事はどうでもいいというか、解決出来ることだよね?って捉えてます。

というか、ADHDの人限定でなく生きている全ての人に思ってますw

本人が自分の事を理解すれば、自分のクセを理解すれば、たいていの問題は避けれると思うんですよ。

別にADHDやその他障害そんなの関係なく、誰でも同じであって「本当に変わりたい」と決意出来た人が出来ることやとおもうんです。自分を変えたい!と思う時は誰にでもありますが

・本気で取り組めるか

・取り組める仕組みなのか

・自分に合った方法なのか

そこが揃っているのかが重要で、あとは継続する環境が整ってればいいと私は思うわけです。

いやいや、それでも当事者じゃないからあなたは何にもわかっていないよ!

と思われるかも知れませんが、夫は、認知行動療法と自己コントロールで私が知るどの男性よりも自己管理出来てる人なんで、彼の変わった姿を見て断言できますよ。

別に夫が特別な人ではなくて、自分で決めたルールは守るという自分の特性を理解して、自分の特性をうまく生かして絶対に守れる仕組みを作っていつも実践しているんですね。

私より完璧ですよ

もうパーフェクトヒューマンです

まぁ、私が夫のミスくらいカバーしますけど、最悪は彼の人生やから知らん精神です\(^o^)/

まずは、お互いをしっかりと知ることから始まり、お互いを理解して受け止める為には、ADHDの特性を知ることも、カウンセリングの技術を学ぶことも、私たちには不可欠でした。

わたしは、あなた個人を気に入ってる。そのADHDかADSLかよくわかんないけども、その特性も含めて気に入ってる部分がある。

だから仲良くしてる訳だし、結婚もした。あなたがあなたにとって気に入らなくても私は好きだし、わたしが気に入らない部分が、必ずしもそれがADHDの特性とは限らない。

「あなたはあなた、わたしはわたし」

お互いを知るヒントとして、技術や知識は使うべきで、それがそのまま相手にハマる訳ではない個人個人に合ったものを見つけるそれがプロの仕事だと思っております。

ちなみに、私が発達障害系の本を、数々読んだ中で良かったのは

臨床心理士 奥田健次 著作の【拝啓、アスペルガー先生 私の支援記録より】が良かったので良ければ読んでみてくださいね!

夫のADHD特性について” に対して2件のコメントがあります。

  1. ヨシタカ より:

    素敵な奥さまですね。私もadhdです。皮肉にも嫁と子供が出ていってから病院を受診し診断をうけましまし。理由はそれどけではないとおもいますが、もっと早くに受診すべきだったと今は後悔しています。

    1. regene-ota より:

      ヨシタカ様
      コメントありがとうございます。そうですね。夫も早く認めていればと後悔する部分もあるようですが、現在は自信の特性と上手く付き合う方法を見つけているようです。生きづらさを抱えやすい部分もあるとは思いますが、より良く暮らせるようにヒントを発信できればなと思いますので、今後ともよろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください