セルフで癒やす方法

車が坂道を登る時に、ガソリンをたくさん使うように
変化をしていくにもこころのガソリンが必要

しかし、モラハラを受けている人は、常にガス欠状態

そんなことない!元気だよ!と思うかもしれませんが、そんな時のほうが危ないです。自分で思うよりもっと「傷つき疲れている」と自覚してください。

実際にセラピーを受けるのが一番はやいけれど、カンタンなので自分でしてみてみてください。

【自分の癒やし方】

まず、これまでモラハラ夫からのひどい仕打ちをガマンし、「耐えて頑張ってきた自分を褒める」これをしてください。

褒めるという言葉に抵抗がある場合、甘やかす・労う・労るという等、自分がしっくりくるニュアンスでの表現に変えて解釈して下さい。

そして、胸に手を当てて、出来れば口に出して以下のセリフを呟いてみて下さい。

例)
『理不尽に怒鳴られたり、八つ当たりされてるのに、本当に毎日、よく頑張ってきたね』
『ツラいのに我慢して、本当にえらいね』
『子供(実際の名前に変換)の為に、毎日よく耐えてるね』
『もうこれ以上我慢しなくていいからね』
『あなた(私)が頑張っているのは、私が一番わかっているからね』
『あんなやつ許せないよね!嫌なこといっぱいされて、やっぱり許せないし、許さなくていいよ!あなたは間違ってない!』

実際に口に出してみると効果倍増

あなたの置かれている状況によって、心が反応する言葉は違うと思いますが、ザワザワする感覚、何かこみ上げてくる感じ等、そんな体の反応があれば、それが正解、当てはまる言葉です。

人によっては、胸が熱くなり、涙が勝手に溢れ出る方も多々おられます。その場合は、その悲しみを止めずに気が済むまで泣いてください。子どもみたいにエ~ンと泣いていいです。

これまで、抑え込んでいた感情が、やっと解放されたという事ですから、その気持ちを抑え込まずに受入れて、めいっぱい放出してあげてください。

どんな感情が出ても「そう思うんだね」といったん受け止めてみてください。後からいくらでも、「なんで許せないか、何でそんなにイラつくか」この気持ちと向き合っていけるから、今は自分にしっかり寄り添ってね。


また、口に出してみて、特に何も反応が無かったという人も、このワークは私には出来ないと諦めずに、人目を気にしない状況に変えてもういちど行ってみて下さい。

本来の自分の感情がわからない出てこなくなっていると、ワークをしても全然ピンとこないので、わたしがダメなのかな?ととても不安になると思います。

しかし、安心して下さいね。

モラハラを受けている人は、日常生活で気持ちを振り回され、疲れてしまっているので喜怒哀楽が薄まっています。

ですのでワークを行っても、本来の感情である「悲しみや怒り」が出てきていても、いつものように勝手に反応して、思考で感情を抑え込んでしまいます。

失った訳ではありません。薄まっただけです。ゆっくり思い出せばいいのです。

「嫌だな、ガマンしたくないな」今まで無視していた気持ちに寄り添ってあげてください。

自分にあった「言葉、セリフ場所、時間」があるはずです。あせらずにゆっくり探しましょうね。

そして、ひとりで難しかったら連絡くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください