加害者だった僕がどうやって改心したのか 前編

本日は、元モラハラ加害者の僕が、どうやって改心したのかを話したいと思います。

新婚当初、僕は寝る間を惜しみ、働いていました。

ただ、元来の発達障害傾向から、仕事も人間関係も上手くいかず、心身の疲労から抑うつ状態になり、家では些細なことですぐにカッとなりキレていました。

身勝手な話ですが僕の思い通りに動いてくれない妻に、「何でわかってくれないんだという思いから常にマグマのような怒りがありました。

ある日、妻から精神的な疲労からカウンセリングを受診し「実はあなたとの離婚を考えていた」と告げられました。

しかし、妻は「私にも良くない部分があったから変わろうと思っている。あなたと一緒に乗り越えたい」と真剣に伝えてくれた為、その言葉が胸に突き刺さりました。

その時のことは今でも忘れられません。僕としては妻の為に必死で頑張ってきたのに「あなたのせいで離婚を考えていた」と批判されたような気持ちになり「俺を怒らせるのはオマエじゃないか」「何で俺がそんなことを言われないといけないんだ」という怒りが湧き絶望しました。

僕は何の為に身を粉にして頑張っていたのかを自問しました。結婚当初は「妻を幸せにしたい」「妻に良い暮らしをさせたい」という一心だったのに、結果的に愛する妻を傷つけて、離婚寸前まで追い込んでしまい「俺は一体、何をしているんだ」という反省の気持ちと同時に妻に対して「心の底から申し訳ない気持ちでいっぱい」になりました。

ここは何としてでも、「自分が改心しないといけない」「妻がくれた最後のチャンスを絶対に無駄にしてはいけない」と思い、本気で自分の問題と向き合う決意をしました。これが、僕が「改心しようと思ったはじまり」です。

次回は、僕が改心した具体的な内容を書いていきます (^ ^)