離婚を勧めない理由

本日は、私達が離婚を勧めない理由です。

離婚を勧めない理由は
以下の3点です

  1. 経済面から、1人で育児と仕事の両方を
    しないといけない
  2. 体を壊す
  3. 子供に悪影響が出る

私は以前、公的機関で母子家庭の方と生活保護の方の支援をしていました。

結論から言うと、確かに各種の手当等はありますが、

シングルになり、お子さんが小さいと育児と仕事の両方をしないといけない為、
寝る間が無く、体を壊す人をたくさん見てきました。

また、モラハラ関係で離婚された方は、夫との養育費の話合いが付いていない為、
貰えるケースが、ほとんどありません。

それらもあり、責任感が強い方こそ、
夫が居ない分、
『この子達に不自由をさせてはいけない』と

夫と同居していた頃と同じ様に稼ごうとする為、昼間はOL、夜は水商売を掛け持ちでされている方を多々見てきました。

単純に考えればわかると思いますが、
1人で2人分、行う訳ですから、体が持つ訳ないですよね。

それでも、自分の体にムチを打ち、頑張るのですが、やがて体を壊し、
働けなくなる為、生活保護の申請に至ります。

生活保護を受給すると、全く働かなくていい訳では無く、生活保護法から働けるのであれば
『稼働能力を活かさないといけない』という
 法律があります。

生活保護費は税金から支給されている為、働けるのであれば
その分を国に返還せねばならず、当然、仕事はしないといけません。

生活保護を受けて、
『税金で悠々自適に暮らせる 』 と開き直れる、神経の図太い方はいいのですが、

大抵の方は、そこまでメンタルは強くなく

  • 生活保護を受けている後ろめたさ、
    恥ずかしさ、申し訳なさ
  • 夫が居ないと子供達を養えない、
    自分への無力感 
  • 周りに理解者が居ない

などの境遇から、ほぼ
『鬱病 もしくは アルコール依存症 』
に陥ります。

こうなると、御本人もそうですが、それを見ていて育つ
お子さんへも悪影響しかありません。

この様なシングルマザーの方を私はたくさん見てきたので
極力、『離婚はせず、再生する道』 を
お勧めしています。

私達がモラハラ解決プログラムを立ち上げたのも、
シングルマザーで苦労される方々を減らしたいからです。

お子さんへの悪影響を断ち切り、あなた自身を守る為にも、ぜひ、モラ夫との再生の道を選び、関係性を改善していってください。

改善方法は、無料メルマガに書いていますので、

こちらから登録して下さい。